ペット

肉球に挟まった砂を取る猫

またペットネタです。
毎週末に、二匹の猫のブラシ掛けをしています。
本当は毎日でもしなくてはいけないのですが、平日は時間がありません。

さて、昨日、二匹のうち大型猫の毛繕いをしながら遊んでいたら、面白いシーンが撮れたので紹介します。

ペット以外にも書くネタはあるのですが、それはまた今度に...

新年初めての記事

まだブログ書いてませんでした。
本年もどうぞよろしくお願いします。

新年最初の記事はネコです。
我が家のネコを撮影したので、どうぞご覧ください。

とっくみあい

最近猫ブログになってしまっています。

とても寒くなってきたので、猫たちに暖かい寝袋を買ってあげました。
早速、猫部屋に持って行ったら、なんか、マタタビの匂いがするみたいで、寝袋の取り合いでけんかを始めてしまいました。

けんかが終わった後、寝袋に入るのかと思ったら二匹とも入らず。
せっかく買ったのに残念です。

寒くなってきました

ここ二、三週間でめっきり寒くなってしまいましたね。
寒いのは苦手なので、余り好きじゃないですね。

また、年末に向けて街が慌ただしくなった気がします。
休日に出かけるとどこのお店も超混雑、人込みは苦手なのでね。

うちの猫も順調にウンチを出すようになり、ほとんど元の状態に戻りました。
新しい餌に感謝感謝です。

猫も寒いらしく、最近は、若い猫と一緒に寝ていることが多いですよ。
Dsc_0001


だいぶ元気になりました

うちの飼い猫、あれからウンチを全く出さなくなり、10月6日から10日まで獣医さんに入院し、ウンチを出してもらう処置をしました。

10日に帰って来てからもウンチをほとんど出さず、逆に元気がなくなっていて餌も余り食べない状況。

ただ、退院時に獣医さんからもらったロイヤルカナンの消化器サポート 可溶性繊維という餌が調子イイみたいで、退院後2,3日してからウンチを出してくれました!!

その後しばらくは毎日出ていたのですが、最近は三日おきにだしています。
いつ、出なくなってしまうのか毎日が不安なのですが、とりあえず元気になったので、以前より気が安らぎました。

ちゃんとウンチ出すんだよ。
Img_0028


また噛みモミモミ

飼い猫は全くウンチが出ていませんでしたが、今朝方ほんの少し出していました。
ただ、本当はもっと固いウンチが腸の中にあるはずです。

今日は一日元気がなかったな。
下のビデオは金曜日に撮った映像です。
夢中でモミモミしています。ちょっと目つきが怖かったです。


退院してきた

手術から帰ってきた。
手術は昨日終わったんだけれど、術中不整脈が出てしまい慌てて縫合。
本当は麻酔中に浣腸するはずだったんだけれど、それができず。

昨晩入院して、今日の日中、浣腸を3回したそうですが、出てきたウンチはほんの少し。
まだまだお腹の中には溜まっているはずなので、何とか出したいのですが方法が見つからない。
うちの猫は大きすぎて先生がおしりから指を入れても届かないそうです。

最終手段は大きくなってしまった腸を取る手術があるそうなのですが、腸を取ると今度はずっと軟便になってしまうそうです。それもかわいそうだし、何とか、体に合う方法が見つかればいいと思います。

Dsc_0022
疲れ切って寝てしまいました。

うちの老猫

前回、肥満細胞腫と診断されたうちの老猫ですが、ウンチがほとんど出なくなってしまいやばくなってきました。
先週の金曜の診察の際に新たな下剤(シロップ)をもらったのですが、何とか飲ましても症状が変わらず。また、昨日の月曜の朝にウンチをしようといきんでも出なかったため、前回同様獣医さんでおしりから液を入れてウンチを出してもらおうとしたのですが、体格が大きいため真ん中のウンチが取り出せなかったんです。

獣医から帰ってきた老猫は相当疲れたみたいで、また、最近余り食べていないのに8kgもあるため歩くのも辛そうでした。
帰ってきてからぐったりクッションにうなだれています。

今日はほんの少し元気になったのか、クッションから歩いてきましたが、それでもウンチは出ずに食事の量も少ないです。

何とかウンチさえ出て、食欲が戻ってくれたらなぁ。
肥満細胞腫どころじゃないですね。

Dsc_0015


肥満細胞腫

ペットカテゴリーは初めてですが、家の老猫(オス13歳)の話です。
その猫は母が飼っていた猫ですが、母が昨年亡くなってしまったため自分が引き取りました。

母が飼っていた頃からウンチの出が悪く、何度もウンチを漏らしていたのですが、家に来てからは毎日下剤を飲ませることで、ちゃんとお通じが来ていたのです。
しかし、ここ2週間ほど漏らしてばかりのため医者に行ったところ、獣医さんに皮膚の傷を見つけられました。

自分は、もう一匹の飼い猫とけんかした際にできた傷だと思っていたのですが、数週間経っても治らないのはおかしいとして、検査をしてもらいました。その診断の結果が肥満細胞腫というものです。

ネットで調べると良く出てきます。
悪性の腫瘍の場合は癌ということだそうです。

うちの猫の場合、背中の左後ろ側の皮膚にできていますが、皮膚の場合は良性のことも多いようです。
しかし、悪性だといわゆる癌ということになってしまうようでして、心配です。

ウンチだけでも心配なのに、次は肥満細胞腫かと泣きたくなりますが、何とか頑張って治って欲しいと思います。

favorite

  • CENTRAL
    D80オーナーのLaylackさんのブログです。
  • みんカラ
    愛車の紹介ページです。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

コメントツリー